南京虫とは|攻撃性の高いアシナガバチの巣は発見したら早急に駆除する
一軒家

攻撃性の高いアシナガバチの巣は発見したら早急に駆除する

南京虫とは

南京虫

近年増加傾向にある

南京虫というと、日本ではあまり聞かない名前です。戦前は衛生環境の問題もあり、見かけることもあったようですが、現代ではあまり見ることがなくなりました。しかし近年、アンティーク家具や殺虫剤によるゴキブリの減少により増加傾向にあるといいます。では南京虫とはどのような虫なのでしょうか。大きさは5mm程度の黒ぽい小さな虫なのですが、日中は壁の隙間やマットレスの下などに潜伏します。夜になり活動の時間になると、人が発する汗や二酸化炭素に釣られて這い出してくるのです。噛まれると最初の数日はなんともないのですが、徐々に耐え難い痒みを引き起こし、刺された周辺の皮膚が赤く膨らんでくるのです。一見蕁麻疹のようにも見えるような広大な範囲が赤く膨隆します。もし室内でゴマ粒大の糞が大量に見つかったら、南京虫駆除を考えた方が良いかもしれません。

南京虫の駆除方法

もし南京虫に噛まれてしまったら、特に命に関わる大きな病気の心配はありません。しかし気になるのは、その耐え難い痒みです。寝ている間も無意識に?いてしまうほどの痒みであるため、耐えられないようなら一度病院に受診し抗ヒスタミン剤やステロイドを処方してもらいましょう。気になる南京虫駆除方法ですが、日中は壁の隙間やマットレスの間に静かに隠れています。繁殖力も高いため、必ず徹底して駆除するようにしましょう。虫の大きさは5mm程度なので、目の細かい布やツルツルとしたカバーをかけると這い上がってくるのを防止できます。また80度以上の熱湯に5分以上つけると死滅させることが可能です。南京虫駆除には市販の殺虫剤も有用です。室内に霧上の殺虫剤を充満させるタイプや、直接吹きかけるタイプでも十分効果があります。また、南京虫の卵は2mm程度の白い卵です。様々な場所に産み付けるため、南京虫駆除をしっかりやっても、再度見かけることがあるかもしれません。不安があるようなら、一度業者に依頼しましょう。