作業員

攻撃性の高いアシナガバチの巣は発見したら早急に駆除する

踏むべきステップ

ハチの巣

蜂にはいろいろな種類がありますが、足が長くて黄色い斑紋があるハチは間違いなくアシナガバチです。スズメバチのような凶暴性はありませんが、人が巣に近づいたら攻撃をしてくるほどの攻撃性は備えています。したがって、アシナガバチの巣を見つけた場合は早急に駆除する必要があります。その手順としては下記がおすすめです。まず、アシナガバチの巣にホースで水をかけます。意外に思われるかもしれませんが、水をかけることでアシナガバチの飛行能力を奪うことができます。羽が濡れると飛べなくなりますし、ハチが周囲を飛ばなくなって安全性が確保されます。数分間ホースで水をかけたら、次は殺虫剤を用います。1分間程度巣に噴射し続けましょう。

アシナガバチの巣にある程度水と殺虫剤を吹きかけることができれば、最後に巣を落とします。長い棒か物干し竿で遠くから落とすといいでしょう。それから、しばらく様子を見て、活発に動くアシナガバチがいなくなったら、落とした巣をゴミ袋に入れて回収します。念のために、袋は二重三重にするといいです。これで駆除は完了になりますが、数日程度はアシナガバチが飛んでくることもあります。外に出ていた働き蜂が戻ってくることがあるからです。そのため、巣があったところにはなるべく近づかないようにすることです。ハチの種類によっては凶暴なハチもいますから、安全に駆除することを心がけましょう。最初に巣全体に水をかけておけば非常にやりやすくなります。また、安全性を考えるのであれば、プロである専門業者に依頼するのがよいでしょう。専門業者は蜂に詳しいため、様々な駆除のやり方や対策法などの知識が豊富なのです。そのため、確実にアシナガバチを駆除することができます。専門業者に依頼するにも数多くの業者があるため、まずは複数の業者に見積もりをしてもらい内容を確認した上で、比較して選ぶとよいでしょう。

南京虫とは

南京虫

近年増加傾向にある南京虫ですが、一度噛まれると耐え難い痒みを伴う事が特徴です。とても痒い虫刺されに加えてゴマ粒大の糞を見かけたら、南京虫を疑った方がよいかもしれません。駆除方法は熱湯や殺虫剤などありますが、卵を大量に産み付けるため、南京虫駆除をしても再度見かけることがあります。

Detail

安全な対処法

ハチ

スズメバチであれば役所でも駆除してくれるところもあるのですが、アシナガバチでは対応しないケースがほとんどです。専門業者であればすぐに対応してくれ、人気のあるアシナガバチ駆除方法です。しかし、アシナガバチはおとなしいハチで、そのまま放置するのも一つの方法です。

Detail

容易にできる対策

アリ

蟻の駆除は薬剤を使用することで比較的容易に実施することができる。屋外で活動する蟻の割合はわずかであるので、根絶のためには巣ごと駆除することが必要である。薬剤の使用が適当でない場合は、熱湯を使用したり食材を使用した駆除も可能である。

Detail